お受験教室一括比較MAP-小学校受験版-

コラムの記事一覧

国立小学校の受験対策とは

まず、国立小学校の魅力といえば高度なカリキュラムや教育環境です。基本的に価値観の近い家族の子供が集まりますので温度差もなく、一貫校として友人との長期的な時間共有ができることが魅力です。そして、授業料も安く、公立と私立の良さを併せ持っているので人気となっています。注意点としては、学校教育実験校であることから学習内容が独特なこと、国の予算で左右されるということです。国立なのである程度のことは仕方がないと思う必要があります。

受験対策としてはペーパーテストは比較的優しいですが、それでもほとんどの受験生がしっかりと勉強してくるので、知能教育が不要とも言えません。また、社会性を育てるという意味合いで家庭での会話は主語や述語、目的語を意識させることが大事です。

さらに、簡単なものでも自主性や行動力を身につけさせるため、家事手伝いをしてもらうようにすると良いですさらに受験用の問題集に取り組ませるとテスト慣れします。これらは家庭でできる最低限のことなので、実行してみる価値があります。もっとも必要な社会性を培うという部分に関してはきちんとした指導体制のある幼児教室に通わせて、集団生活に慣れていく必要があります。

詳細情報へ


小学校受験を打ち勝つための塾や教室の選び方

小学校受験に何としてでも打ち勝ちたいと考えている親御さんは、まず塾や教室選びをしっかり見抜いていくことです。口コミもすごく大事かもしれないですが、それ以上に大事なことは子供さんがそこの教室になじんでいるかです。

教育内容がすごく良くても、子供さんが授業などに全然ついていくことができなかったり、逆に成績が下がってしまうような場所では小学校受験に対する力を養っていくことができないです。子供さん基準の教室選びがすごく大事になってきます。

先生方が子供さんにどれだけアプローチをし、強味と弱みを同時に見分けることができ、バランスよく教え込んでいくことができる教室や塾でないと子供さんが持っている力を伸ばしていくことができないです。教室の選び方に関しては、口コミや親御さん目線も大事ですが、子供の目線も大事です。もちろん、子供だけではなく、親御さんも一緒に受験に対する考えや面接での振る舞いなどを指導してくれるとかなり心強いところがあります。小学校受験に関しては、子供の学力や行動だけではなく、親御さんの態度もすごく注意深くみられているところがありますので、それらのポイントを意識して教室を慎重に選んでほしいです。

詳細情報へ


小学校受験は私立と違い国立は抽選で決まります

小学校受験の場合私立の小学校は願書を提出すれば受験する事が出来ますが、国立の場合には私立と違い、受験の前に抽選会が有ります。その抽選で当選しないと受験する事が出来ません。国立小学校の場合はほとんどの学校がエスカレーター式になっているので人気もすごく、申込者も殺到しています。授業料に付きましても私立小学校と、国立小学校とではかなり差が出てきます。

国立小学校の教育に付きましては、私立小学校と違い、独自教育方針で教育するのではなく、私立小学校と公立小学校の両方の教育方針を取り入れているようです。私立小学校を受験しながら国立小学校の申し込みをする方や、国立小学校のみの受験を考え、抽選に漏れた場合は、公立小学校に入学させるという覚悟をもって臨む方も入るようです。

国立小学校によっては1度の抽選会では無く、2度、3度抽選会をして、受験に臨む学校もあります。ご自分のお子様がどんなに勉強能力があり、物事に対しての理解があったとしても、国立の小学校に付きましては、抽選で受験できるお子様を決めますので、受験できない事もあります。抽選に付きましては、受験を申し込んだ家庭の方々の前で厳選かつ正当な抽選を行っています。

詳細情報へ