お受験教室一括比較MAP-小学校受験版-

日本英才教育

日本英才教育のために本当に小学校受験が必要か?

いま日本では大学受験の改革が叫ばれています。その内容はさまざまですが、ともかくいままでの暗記偏重型の入試システムを見直そうということのようです。どのような人間を、どのようにして評価するのが最も妥当であるのか、その議論が繰り返されています。

いまの受験システムは「学力」に大きな比重を置いていますが、学力だけでなく「人間力」のようなものを見い出すべきだという意見も聞きます。いやむしろ、偏差値による評価こそが最も公平的だと言う人もいるようです。そのような改革議論の最中にあって、小学校受験はどのように位置づけられるべきでしょうか。

これまでは、よい中学校・高校・大学、はてはよい就職までをめざすのが日本英才教育のありかただったようです。しかし「よい」とする基準が大きくグラつく可能性が大きいだろう将来の世の中を思うとき、6歳前後の子どもへの教育をどう設計すべきなのか、これはなかなかむずかしい問題だろうと思わざるを得ません。

クチコミ情報

  • 57歳
  • 男性

お受験と呼ばれる小学校受験は、都市部を中心に年々増えている状況にあります。世界中の天才、秀才と呼ばれている子どもたちを見ても、早くからの教育が重要なポイントになることがわかります。日本英才教育では、無限の可能性を持っている子どもたちの能力を引き出すための環境と指導を心がけており、その環境と指導は小学校受験対策にも非常に効果があります。

有名小学校に合格するためのカリキュラムを組んでいる総合受験クラスを筆頭に、複数の魅力的なコースが用意されていますので、日本英才教育の講師とよく話し合って、どのコースを受講させるか決断してください。小学校のうちから受験させるのに抵抗がある方もいらっしゃいますが、子どもの可能性を伸ばすためには早めの教育が必要不可欠です。

理解度の遅い子どもでも、基礎から始まる段階的な指導によって小学校受験までにはしっかりと実力がつきます。また講師による直接指導だけでなく、インターネットを活用したサテライト授業も導入していますので、どちらを選択するか家族でよく話し合って決めてください。乳幼児期からの成長に合った指導は、子どもの将来のためには間違いなく良い影響を与えます。無理やり通わせると逆効果になる可能性もあるので、日本英才教育で学ぶ前に、自分の子どもときちんと話をして、納得させた上で受験に向かって親子で頑張りましょう。


  • 37歳
  • 女性

日本英才教育と聞いて思い浮かべることは何でしょうか。限られたごく一部の子どもたちが、行う教育であると思われる方もおられると思います。実際は違います。幼少期の子どもの脳は、非常に柔軟で無限の可能性を秘めています。この可能性を最大限に伸ばしたり、手助けすることが英才教育の目的にあたります。最終的に、小学校入試に繋がるお子さんもたくさんおられます。ですが、その事が全てではないと分かって頂きたいです。

ですので、英才教育といっても勉強だけではありません。子どもの発達には欠かせない運動分野やコミュニケーション能力・または表現分野にも力を入れて教育を行います。その子の得意分野を見つけることが、親の視点からも非常に大事な事となってきます。子どもの得意もしくは不得意分野をしっかりと認識しておく事が質の高い教育に繋がるからです。

英才教育を幼少の頃から施しておく事で、早くからその子の可能性を感じ取れることと思います。その能力をしっかり伸ばしていくことが、親の務めであります。教育に力を入れていきたいと考えられている方は、どのようにお子さんを伸ばしたいか考える必要があります。その時に、この英才教育は一役買ってくれます。是非、一度英才教育に関して考えてみて下さい。